絶対に避けたいオフィスデザインの失敗例10選

January 04, 2022

仕事場のデザインの選択肢は、小さくシンプルなキュービクルから、落ち着いた、刺激の少ないカラーパレットへと、大きく変化しています。オープンなオフィスレイアウト、ゲームラウンジ、ドリンクバー、ジムスタジオなど、アメニティの選択肢は限りなく多く、その多さに圧倒されるリスクもあります。もし、間違ったものを選んだり、多すぎたりすると、ワークプレイスは「素晴らしい」から「圧倒される」ものに変わってしまいます。

 

だからといって、理想的な仕事場をデザインする可能性を排除することはできません。ここでは、チームが望むものと従業員が成功するために必要なものとの間の適切にマッチングするために、何としても避けたいオフィスデザインの一般的な間違いをいくつか紹介します。

 

気が散りやすい場所にオフィスを構える

 

仕事によって、注意力が散漫になることはあるかもしれません。テレビを見ながら仕事ができる人もいれば、道を行き交う人を見るとすぐに気が散ってしまう人もいます。すべての注意散漫を避けることは不可能かもしれませんが、それでも、従業員が仕事から気をそらす可能性のあるものをいくつか考え、最小限にとどめるように努力すべきです。

 

オフィスの防音対策は万全に

 

どの程度で気が散るにせよ、オフィス内にある程度の防音性を保つことは有益です。素敵な木のドアや壁のタイルなど、他の建物からの騒音を遮断することは効果的です。

 

散らからないための計画の失敗

 

もうひとつ、仕事の生産性を阻害するのが「散らかり」です。使用する場所を決め、邪魔になりそうなものを取り除いたら、持ち物や書類の置き場所を決めて、整理整頓をする必要があります。普段の仕事の状況と、よく使う製品を考えて、デスクやワークステーションの周りに何も散らからないようにしましょう。

 

間違ったレイアウト

 

オフィスのオープンデザインは、しばしばコインを投げることに例えられます。オープンな空間は、スタッフにとって活力や若返りにつながり、チームワークや帰属意識を高めるかもしれません。しかし、あまりにオープンな設計や悪い構造の場合、気が散ってしまうことが懸念されます。

 

思い描いた美しいオープンオフィスのレイアウトを実現する前に、会社やチームの要望を考えてオフィスをデザインしてみましょう。チーム全体のための社交の場と、個人のための気の散らない空間を理想的にミックスさせることができます。

 

「呼吸する」ためのスペースが足りない

 

チームメンバー同士を無理に近くに座らせると、お互いの気が散る重大な原因になりかねません。プライベートな空間の侵害は、たとえ不注意であったとしても、従業員のイライラや機嫌の悪さ、生産性の大幅な低下につながる可能性があります。そのためには、従業員に十分な「ひじスペース」を与え、誰にも邪魔されずに作業できるようにすれば、最終的にチームとして最適なパフォーマンスを発揮することができます。また、新しいメンバーにも十分なスペースを与えてください。

 

休憩スペースの不足

 

折りたたみ椅子と小さなテーブル、そして立派なコーヒーポットがあれば、法律的には休憩スペースとみなされるかもしれませんが、それでは働く人の士気や生産性には何の影響も与えません。最高のデザインとは、贅沢である必要はなく、一日の残りを続ける前に、きちんと燃料を補給し、くつろぎ、気持ちを立て直すことができる場所であるべきなのです。

 

従業員のための素晴らしい休憩スペースをデザインするときは、快適な家具、適切な家電製品、さまざまなレクリエーション活動について考える必要があります。

 

受付を軽視する

 

デザインする際に忘れてはならないのが、作業場の最前線です。お客様や取引先、新入社員など、大切なゲストのために快適で心地よいウェルカムスペースを用意したいものです。そうすることで、第一印象が良くなり、その後のつながりも生まれやすくなります。

 

気づかないうちに必要になっている収納

 

自分自身に聞いてみてください。会社のすべてのニーズを満たすために、十分な収納スペースを確保したでしょうか?これは、正しい仕事場のデザインを構築する上で、重要でありながら見過ごされがちな要素です。また、余分なスペースがあると、別のことに利用される可能性があるため、あまり多くのスペースを割り当てたくありません。散らかり、つまずきの危険、火災の危険、重要な備品の不足、代替家具や備品の不足など、現在および将来の保管要件を前もって計画していない場合に起こりうる問題のほんの一部です。

 

オフィスには、スムーズに作業できるために必要な整理整頓用の道具を用意してください。書類整理のためのファイル用キャビネットに投資したり、ノートやその他の事務用品を保管するために本棚を利用したりしましょう。

 

整理整頓に時間をとられないよう、すべて自分の定位置に収まるようにしましょう。仕事が終わったら2分ほどかけて、すべてのものをあるべき場所に片付け、翌日は片付いたデスクでスタートできるようにしてくださいね。

 

持ち物の置き場所が決まっていると、作業もしやすく、効率的です。また、片付けに時間をかけたり、追いつくために必死になる必要もなくなります。

 

植物やアロマキャンドルも、士気を高める環境づくりに一役買ってくれるはずです

 

狭いスペースに多数のワークステーションを集める


適切な仕事場とオフィスのロケーションは、スタッフにとって生産性の高い場所を提供することになるので、貴重な存在となりえます。オフィスマネージャーが価値を最大化する方法を考えるとき、できるだけ多くのデスクやワークステーションを収容しようとするレイアウトを思い描くかもしれません。これは公衆衛生の現状を考えると、あまりお勧めできることではありませんし、社員があまりに多くの気が散るものや不快感にさらされることになります。ワークステーションの適切な配置は、キュービクルメイトや隣人との距離感を損なうことなく、その生産性を最大化します。

 

人間工学を考慮しない

 

オフィス空間をデザインする際、人間工学を考慮することは、生産性を高め、従業員の健康を維持し、スタッフの気分やエネルギーを向上させることができるため、考えなければなりません。人間工学は、あらゆる労働環境における人々の効率性を研究する学問です。人間工学は、あらゆる職場環境における人々の効率を研究する学問です。この学問は、いくつかの有用な変更により、スタッフがよりよく働くためのヒントを与えてくれます。

 

社員が息苦しくなく、健康的に仕事ができる環境を作るには、こうした変化が欠かせません。例えば、このエルゴノミクスエグゼクティブオフィスチェアは、使用する人に十分なクッション性と通気性を提供します。背中をサポートするので、仕事中に腰や首が痛くなることもありません。仕事中に正しい姿勢を保つことは、長い目で見れば従業員のためになるのです。

 

人間工学に基づいた設計や家具を使用すれば、体の位置、コンピューター画面からの距離、座るタイミングや立つタイミングなどを考慮し、従業員が十分に集中できる環境を整えることができます。また、予防的な人間工学的対策を用いることで、ビジネスにおける費用対効果も高くなります。スタッフに気を配り、怪我を防げば、後々の従業員の怪我や訴訟から免れるでしょう。

 

変幻可能なスタンディングデスクを与えることで、彼らの健康を優先させることもかなり良いことだと思います。アジャスタブル・スタンディング・デスク・プロは、静かなモーターで必要なときにいつでもデスクをスタンディングに変換することができます。座る代わりに1日3時間立つだけで、肥満、がん、心血管疾患、糖尿病のリスク低減につながると言われています。

 

従業員の健康を守り、長期的に病気休暇を取る可能性を減らすことができます。また、従業員の安全が優先される環境を整え、働きやすい仕事場にすることができます。これは、長期的には従業員のモチベーションにも反映されるでしょう。

 

スタンディングデスクの最大の特長は、社員同士のコラボレーションを促進することです。個々のスペースでリセットすることもできますし、立っていることでチームワークを高めることができます。電子メールを送るだけでなく、同僚のところに行き、直接会って話をすることが多くなります。そうすることで、誤解が少なくなり、イノベーションが促進されるのです。

 

まとめ

 

仕事の質や従業員の健康状態に大きく影響するため、今回紹介した10のオフィスデザインの失敗例を、何としても回避する必要があります。最終的にあなたの会社にどのような影響を与えるかを考える必要があるため、適切なオフィスレイアウトとデザインを計画することが不可欠です。

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。