混合型労働力に備える方法とは

September 15, 2021

最近では、物理的にオフィスに行っても良いのかどうかを知ることさえ困難です。

 

新型コロナウィルスの新しい変異株が出現する可能性が高いため、集団免疫を獲得しない限り、ビジネスパーソンは従来通りオフィスに出勤することをためらっているのです。その結果として、混合型労働、つまり未来の働き方を取り入れることができるのは良い動きかも知れません。

 

この働き方は多くの企業では一般的ではないため、より全体的な視点で俯瞰するにはより多くの正しい知識を得ることが大切です。

 

この枠組みの基本原理を理解していないと、混合型労働力の管理はとても難しくなります。

 

あなたのチームメンバーがこの問題に対処するための包括的な行動計画をまとめる方法を、段階的にご説明します。

 

混合型労働力とは何か?どのように機能するのか?

 

簡単に言うと、混合型労働力とは、チームメンバーを在宅勤務者、バーチャルオフィス勤務者、および実際にオフィスに出勤するオンサイト勤務者にグループ分けすることです。

 

混合型労働力を計画することで、オフィスに物理的に存在する従業員数を減らし、感染のまん延を防ぐために、人同士の身体的な触れ合いを制限することを目的としています。

 

この働き方を採用した企業では結果的に労働の自由度が増したため、多くの人々がこの枠組みを喜んで受け入れています。また混合型労働では通常の労働時間に拘束されることがありません。

 

実際、労働時間は異なる場合があります。この新しい働き方は、通常の勤務時間の境界線を曖昧にし、職場体験を変化させたと言っても過言ではないでしょう。

 

一方で、ほとんどの企業がこの労働力を最大限に活用するためには、事前にしっかりと計画を立てることが必要だと認識しています。これは、この働き方がもたらす柔軟性のために、従業員の生産性が低下する危険があるからです。

 

この働き方への準備とは?

 

混合型労働力を管理するために十分な準備が必要な場合は、移行をスムーズに行うために以下の要素を必ず確認してください。

 

コミュニケーションの重要性

 

混合型労働力を管理するためにはコミュニケーションがとても重要です。この新しい働き方では、同僚が端の机に座ってはいないのです。

 

あなたのチームメンバーが世界中に散らばっているため、優れたコミュニケーションを保って定期的なフィードバックを受け取ることで、より効率的に混合型在宅勤務のスケジュールを調整できます。

 

オフィスワーカーとしてあなたは、まとまりがある、仕事熱心で魅力的なチームメンバーと一緒に働きたいと望んでいることでしょう。そのためには、あなたはチームメンバーとより自発的に相互コミュニケーションを持つべきなのです。

 

混合型労働力に対するトレーニングの必要性

 

あなたのチームの技術者をひとまとまりにすることは、混合型労働力には向きません。

 

従業員によっては、混合型労働環境でうまく仕事をするための方法についてトレーニングが必要かも知れません。そのため、混合型労働力トレーニングを設定することが有益となるでしょう。

 

どんな点を改善するべきかを調査して特定すれば、あなたの従業員に必要なトレーニングを提供することができます。

 

チームを軌道に乗せるための短期的な目標を設定し、各従業員がすべての行程に貢献できるようにすることで、チームの生産性が維持されます。全員の認識が同じであることを確認するために、スタッフ全員に同時にトレーニングを提供しましょう。

 

従来型の職場を刷新する

 

混合型チームを作ることで、実際にオフィスに出勤する従業員数が減ります。つまり今こそが、従来のオフィスのあり方を見直し、メンテナンスにかかる費用を節約する時なのです。

 

職場の人間工学はとても重要なものなので、従業員の職場経験を向上させるためにオフィス用家具をアップグレードすることをお勧めします。人間工学に基づいたオフィス用椅子やスタンディングデスクを購入することは素晴らしい投資だと言えるでしょう。

 

かしこく雇用する

 

グローバルな雇用市場にアクセスが可能で、混合型労働という枠組みが生まれてきた今、世界中からリモートで働く従業員を雇うことができるようになりました。

 

その結果、あなたのチームにより多様なバックグラウンドのスタッフをそろえることができるようになります。それはつまり、採用にあたってはかしこく行う必要があるということです。

 

チームメンバーが様々な文化的背景を持っていることを知っておく必要があります。これを念頭に起きながら職場の文化を保つことが大切です。

 

中庸な雰囲気を保ち、各文化による違いを少なくすることができるような企業文化を意図的に作ることが望ましいでしょう。より優れた、参加型で説明責任を果たせるチームメンバーは、より良い職場文化から生まれてくるものです。

 

サイバーセキュリティの強化

 

混合型労働力を管理するためには、サイバーセキュリティが前提条件となります。仕事の多くがオンラインで行われるため、会社の重要な情報がセキュリティ攻撃により脆弱になるのです。

 

そのため、混合型労働力を展開していくためには、高度なサイバーセキュリティの実践に注意を払う必要があります。

 

重要な情報を潜在的なハッカーから保護するためには、ファイアウォールと暗号化されたコンピューターのディスク装置を使用する必要があります。

 

こうした設備がサイバーセキュリティチェックを完了し、必要となるすべての手順を実行した上で、混合型労働力を展開することができます。

 

その他の関連した記事をご覧になりたい場合は、FlexiSpotのウェブサイトにアクセスしてください。また、混合型労働力の設定に最適なスタンディングデスクや、カナ竹スタンディングデスクなど、人間工学に基づいたオフィス機器もご覧いただけます。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。