2人用のオフィスレイアウト向けのあなたにインスピレーションを与えるホームオフィスのアイデア

May 12, 2022

オフィスで仕事をする場合でも、在宅勤務をする場合でも、ワークスペースには特定の要件が必要です。 ルームメイトやパートナーと同じ屋根の下で仕事をしている場合、特に同じ部屋で寝たり、食事をしたり、リラックスしたりするため、調整が必要となります。基本的に2人にとって素晴らしいホームオフィスのデザインを作る必要があります。特にコロナウイルス大流行下では、まだ多くの人が在宅勤務を行っています。彼らはダイニングテーブルとソファでは持続的な快適さ、人間工学、および生産性の点であまり良くないということを理解しました。

 

人間工学に基づいたセットアップが快適な生活の鍵であることはすでにご存知でしょう。2人用のオフィスレイアウトの設定に関する知識が不足していることで諦める前に、これを最後まで読むと、共有ホームスペースと2人用のセットアップが必要な場合の対処方法についてのアイデアが得られます。

 

要点にすぐにいく前に、スペースを共有したい相手と互換性があるかどうかを分析する必要があります。

 

あなたの仕事が複数回電話で話すことが必要であれば、それは長期的に不快感を生み出すので、あなたが避ける必要のない懸念かもしれません。そして不安はあなたと同じ屋根の下で働く間、あなたが望む最後のことになるでしょう。

 

クリーンなオフィススペースを構成するものについて様々なアイデアがある時、パートナーとの絶え間ない意見の不一致を避けたい場合、以下のことを考慮する必要があります。
バックグラウンドで音や音楽が聞こえることを好み、もう1人の人が無音のワークスペースを好む場合、上手くいかないと思います。

 

最後に、家での快適な室温に違いがあると、65度が快適だと感じる人もおり、70度を下回ると震える人もいます。上記のような不便さやその他多くのことを確認し、2人が互換性があることを確認した後、ホームオフィスのアイデアを進めることが最も重要です。
2人用のホームオフィスのレイアウトに必要なもの

 

1.スタイルと機能から始める

 

2人用のホームオフィスを作成する場合、ホームオフィスは主に機能性に関係していることを考慮することが重要です。そのため、2名ともが快適に使え、ニーズを満たすのに十分なスペースがあることを確認してください。スタイルに関し、あなたとあなたのパートナーは異なるデザインスタイルを念頭に置いているかもしれませんが、それは普通なことです。ワークスペースを単一のスタイルに設計する必要はありませんが、快適さのためにスペース全体をまとまりのあるスタイルにする方が良いでしょう。

 

それぞれが自分のスタイルに合ったデスクを見つけることができますが、どちらも同じ仕上げにすることができれば、ホームオフィスにまとまりが生まれます。これを完了したら、自分の色を追加してみてください。これにより、そのワークステーションがそれぞれ固有のものになります。

 

2.オフィスのレイアウトに焦点を当てることが重要です

 

これを行う方法のいくつかは以下の通りです。

 

1.独立した相互作用のスタイルを使用します。仕事中に最小限のやり取りが必要な場合、お互いに向き合うことが良いです。気が散りやすい人に最適です。そのような人はパートナーに面したFlexiSpotのオールインワンスタンディングデスクを使用できます。デスクは快適で、仕事中にアクティブに保つのに役立ちます。人間工学に基づいた椅子などの便利な家具は必要な場合、移動したりすることができます。

 

2.協調的な相互作用のスタイルで互いに向き合うことも良いでしょう。相互作用に多くの時間を費やす人々にとっては良い考えかもしれません。お互いの会社で仕事を楽しんでいて、気が散ることがほとんどない場合にも役立ちます。

 

3.機能に基づいた共有デスクです。スペースが狭い場合、デスクをパートナーと共有しながら、ワークスペースを美しく広々と見せることができます。使用するのに適したデスクの1つは複数のユーザーが使用でき、充電ポートと埋め込み引き出しを備えたコンファーオールインワンスタンディングデスクと言えます。

 

3.デスクオプションに焦点を当てる。2人用のホームオフィスにはデスクオプションが必要です。それはデスクが異なれば機能も異なるからです。あなたのホームオフィスの机の場所に関し、あなたは仕事をより効率的に助けると思う場所にそれを置く必要があります。あなたは特定のタイプの机を手に入れることによって何を達成しようとしているのかを知る必要があり、それには様々なオプションが含まれます。

 

①L型デスクです。お互いからの分離を必要とする人々のためにぴったりです。机から立ち上がる時にパートナーに当たってしまわないように、十分な長さが必要です。L字型の電気高さ調節可能なスタンディングデスクは2人の貴重なワークスペースを向上させるのに非常に役立ちます。

 

②スタンディングデスクは2人用のホームオフィスでも役立ちます。スタンディングデスクは不快感を避けるために姿勢をまっすぐに保つのに役立ちます。倦怠感の原因となるような長時間座ることが必要がないため、脳の活動が活発になり、集中力が高まります。Vici Duplexスタンディングデスクにはデュアルゾーン高さと呼ばれる機能があり、調整可能であるため、ユーザーは1層から2層のデスクトップモデルに変換できます。座ったり立ったりでき、パートナーと同時に仕事することができます。

 

4.ホームオフィス家具と製品


騒がしい職場は人々にとって不快なものです。騒音が多すぎると、生産性が低下し、仕事に対する満足度が低下し、あなたとパートナーのストレスが増大する可能性があります。このため、騒音が少ない部屋の使用を検討する必要があります。騒音に対処する1つの方法としては3Dランバーサポートシステムを備えたSoutien人間工学に基づいたオフィスチェアを使用することです。姿勢を改善するのに役立つだけでなく、片頭痛を和らげ、騒音を減らすのに役立つヘッドレストを備えています。FlexiSpot人間工学に基づいた椅子には音を立てずに移動できるノイズのないローラーが備えています。

 

5.追加の部屋をホームオフィスに変える

 

あなたとパートナーがホームオフィスに変えることができる予備の部屋を持っているなら、あなたは想像力が生まれない、または退屈なオフィススペースの代わりに、第二のリビングのような2人のホームオフィスを作ることができます。毎日の仕事に刺激を与えることができるスペースが必要です。余分な部屋がない場合、ダイニングルームをその目的に合わせて変えることができます。

 

長いテーブルを使用すると、テーブルの両端に座って独自の仕事スペースを確保できます。それはおしゃべりをすることもでき、また同時に分けられているという感覚も得ることができます。また一時的にオフィスとして使用しているようにではなく、部屋の意図をより感じることができる、刺激的な身の回り品や事務用品用の棚も置くことができます。WSF1フローティングシェルフを使用してみてください。これは邪魔になることなく、どの部屋の美観にも簡単に溶け込みます。棚を使って、仕事に必要な本や、お気に入りの本や植物を飾って、ホームオフィスに自分の色を加えることができます。

 

6.区切りと個別のゾーンを作成します

 

最後に、2人用のホームオフィスを作成する前に、部屋を2つの異なるゾーンに区切る必要があります。2つのデスクエリアを備えたホームオフィスのアイデアは驚くほど美しいです。デイベッドや休憩用の椅子を追加し、休憩が必要なときに集まっておしゃべりをすることもできます。区切られたゾーンを作成した後、職場を定義することが不可欠です。完璧なワークスペースはあなたとパートナーにある程度のプライバシーを提供します。部屋を分ける一環として、あなたは必需品を自分の場所置くことができ、あなたにとってより快適となります。ホームオフィススペースを共有することは邪魔を最小限に抑えるための責任が全員にあることを意味します。したがって、2人用のホームオフィスのレイアウトが適切に機能するように配慮する必要があります。

 

二人用のホームオフィスを作りたい場合、良い姿勢をもたらし、健康に役立つソリューションを考え出す必要があります。この記事で言及されているいくつかの製品はあなたのホームオフィスでベストマッチするでしょう。また2人用のホームオフィスを作ると、対立が発生する可能性があることに注意することも重要です。ワークスペースを共有すると、様々な要望のために意見の不一致が生じることがよくあります。したがって、2人のホームオフィスを成功させるのに役立つガイドラインに同意しておく必要があります。

 

あなたがスペースを共有することを目指しているが、それでも成功するとは限らないということを覚えておくことが前進する助けとなります。これを行うのが初めての場合、あなたとパートナーはよりシンプルに考える必要があります。完璧になるとは限らないので、自分の気持ちと特定の要件について計画を変更する必要があります。最後に、FlexiSpot製品はあらゆる期待と需要を満たし、それを上回ります。ホームオフィス製品はあなたが快適で安全になるように安全対策を改善しています。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。