コロナウィルスの生存率と死亡率について知っておくべきこと

March 09, 2020

       WHOは、コロナが、中国に訪問歴のない人々や感染者と接触していない人々の間にも広がっていることを懸念しています。

       コロナウィルスに関する知識は1965年に遡ります。それは1975年に、そして人々の間に初めて確認され、極めて頻繁に発見されるようになりましたが それは動物や人間に脅威となっています。この感染症の発生原因は、それが中国における2003年のSARS、および2015年の急性呼吸器症候群の原因であったのと同様に、変異性コロナウィルスにあります。2019年に中国で蔓延した肺炎もその原因はコロナウィルスです。新たに変異した新型のコロナウィルスには非常に強い毒性があります。

        2019-nCoVと名付けられたこのウィルスの研究はまだ完全ではありません。発生源と中国での普及の程度が未だ確認されていないのです。世界保健機関(WHO)の公式ウェブサイトによると、この病気に関する知識が依然として不足している一方、現在までに感染が確認されたほとんどの患者に関しては、その病状は比較的軽微であり、重篤な状態にあるのは、感染者の約20%のみです。

       このウィルスの潜伏期間は2日間から14日間続きます。つまり、ウィルスに感染した時点から発症する時点までの間に2週間を経る場合もあります。この新型ウィルスは、乾燥した咳、息切れ、胸痛、39度までの発熱、胃腸管からの症状(嘔吐、腹痛、下痢)の症状を特徴とします。このウィルスは、上気道と下気道に影響を与え、伴って重度の肺炎を発症します.

       この感染は、2019年に中国の武漢で広まってから以後、81,000人以上に及び、2,500人以上が死亡しています。治療は主に坑ウィルス療法がによることから、この感染症に診断された患者はは入院が必須です。

       世界保健機関(WHO)の発表によれば、新型コロナウィルスの感染者数を特定することは非常に困難であり、現時点では、それを記録する数値や比率は存在しないとしています。唯一はっきり言えるのは、この殺人的な新型コロナウィルスによる死亡者の人数のみです。したがって、この型コロナウィルス感染症の死亡率を世界保健機関(WHO)が明確に発表した数字ととして提示ことは困難です。

       米国疾病管理センター(CDC)の職員によると、米国のコロナウィルス症例数は日曜日の早朝に71人でした。これらのケースの大半 44― は、ダイヤモンドプリンセスクルーズ船でこのウィルスに感染した患者たちでした。

       現在、米国に住んでいる場合、このウィルスに感染するリスクは非常に低い水準で推移していますが、公衆衛生関連当局によれば、この感染が米国で発生する可能性は高いと言われています。だから、今はまさに、緊急対策を講じるべき時期なのです。ウィルスが含まれていることをある程度確認するために、さまざまな対策が講じられています。

       WHOは、このウィルスの拡散に関して、中国および世界で観察すすべき厳格なガイドラインを設定しています。

       世界保健機関が最善の対策として推奨するのは、感染者との濃厚な接触を避け、自身の口、目、鼻に触れないようにし、頻繁に触れる物場所を消毒し、病気の時は家にいて、石鹸と水で、特にトイレや洗面所を使った後は20秒以上かけて、手を良く洗う洗うということです。

       自身と友人や家族の更なる安全を確保するものとして、この「FlexiSpotモニタースタンドワークステーション」は、消毒に関わる要件を満たすべく開発されました。それは、UV集中殺菌機能、USB充電ポート、様々設置用部材などを備え、省スペースで、良くまとまった機械です。

       このFlexispotのモニタースタンドワークステーションは、家庭用とオフィス用のどれにも最適なセットアップが可能です。

       WHOが指示するように、適切消毒し、衛生状態を頻繁にチェックすることはは非常に重要です。また、自身の両手、自宅や事務所の中にあるすべてのものを、紫外線殺菌方式の機器で然るべく確実に殺菌することが必要です。

スノー カイリー