https://flexispot.jp/media/magefan_blog/multitasking.jpg

マルチタスクとデスクバイクの関係とは

マルチタスクを得意とするあなたは、リモートワークに必要な、たくさんの仕事を同時進行する才能に恵まれているということです。おしゃべりしながらでも運転もできれば、お菓子を焼くこともできます。タイピングをしながらサンドイッチを食べることもできます。けれどここに落とし穴があるのです。『ハーバード・ビジネス・レビュー』の記事は、マルチタスクの能率面に疑問を投げかけています。さらに、『フォーブス』の記事によると、マルチタスクによって脳がダメージを受け、健康が損なわれる可能性すらあるといいます。

 

けれど、ここにひとつ例外があるのです。リモートワークで働くあなたは、在宅勤務で仕事をしながらペダルを踏む、ということができるのです。フロリダ大学が行った調査によると、自転車のペダルを踏みながら認知的作業をした人々は、その作業スピードが向上したといいます。

 

同調査では、パーキンソン病患者と健康

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/Depositphotos.jpg

筋肉痛の治療法

筋肉痛はデスクワーカーには悩みの種です。ほんの少しの動きでも痛みを感じ、顔をしかめてしまうでしょう。在宅勤務の日が続けば時々筋肉痛を感じるのは自然なことです。しかし、それが日常的な苦痛になってしまっているのであれば、治療も必要です。

一般的な筋肉痛の原因

クリーブランド・クリニックによると、筋肉痛には典型的な5つの原因があるそうです。怪我や酷使、ストレス、自己免疫

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/photos7.jpg

コロナウイルス:コロナの流行の真っただ中、オフィスで感染しないために

  ここ数週間の間、ニュースを見たり、Facebookを開いたりするとコロナウイルスに関しての最新の情報ばかりを目にします。コロナウイルスは今世界中で流行しています。このコロナウイルスにして、色々な意見がありますが今日はみなさんにぜひ知っておいていただきたい知識をお届けしたいと思います。特に人が集まるオフィスでは、予防策を講じないとウイルスが蔓延

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/photos1.jpg

米国のコロナウィルスについて知っておくべきこと

       2020226日の米国疾病予防管理センター(CDC)からの発表によると、コロナウィルスの新しい症例がカリフォルニア州で確認されたとされ、それは「この関連性が伺われる旅行体験や、COVID-19患者と判明している他の者との接触はなかったと言われる人物」に於いての事例であるとのことです。

       このケースは、感染源が不明ですが、ウィルスが大きな危険をもたらすような場所への旅行歴もなく、その感染源が不明のまま、このウィルスに感染することの一例を示すものかも知れません。

       米国でこのウィルスに感染した人の数は、15人に増加しています。これらのケースは、徹底的な監視を通じて検出されまたものです。また、中国から米国に入国したアメリカ人の間で47件の症例が記録されています。

      ドナルド・トランプ大統領は後に、これは以前から既に「重篤患者」とされていた50歳過ぎの女性についての話であるとして、更に4人のコロナウィルス感染患者が重体であると述べていました。

      WHOは、こ

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/photos3.jpg

オフィスでコロナウイルスを防ぐためのすすめの5つのアイテムとそのコツ

概要:コロナウイルスによって発病する様々な病気を予防するには、清潔な衛生状態を保つことが全てです。今回は、職場でコロナウイルスから体を守り、しっかりと健康管理をするためのコツとそのためのアイテムをご紹介いたします。

    厳しい隔離政策にもかかわらず、コロナウイルスは、中国、ヨーロッパなど世界のあらゆる地域で広がり続けています。幸いなことに、世界保健機関(WHO)からは、発症した人80%が軽度であり、死亡者

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/photos2.jpg

コロナウィルスの生存率と死亡率について知っておくべきこと

       WHOは、コロナが、中国に訪問歴のない人々や感染者と接触していない人々の間にも広がっていることを懸念しています。

       コロナウィルスに関する知識は1965年に遡ります。それは1975年に、そして人々の間に初めて確認され、極めて頻繁に発見されるようになりましたが それは動物や人間に脅威となっています。この感染症の発生原因は、それが中国における2003年のSARS、および2015年の急性呼吸器症候群の原因であったのと同様に、変異性コロナウィルスにあります。2019年に中国で蔓延した肺炎もその原因はコロナウィルスです。新たに変異した新型のコロナウィルスには非常に強い毒性があります。

        2019-nCoVと名付けられたこのウィルスの研究はまだ完全ではありません。発生源と中国での普及の程度が未だ確認されていないのです。世界保健機関(WHO)の公式ウェブサイトによると、この病気に関する知識が依然として不足している一方、現在ま

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/diet_2.jpg

デスクバイクが産後ダイエットにおすすめな5つの理由

娠中増えてしまった体重。

産んですぐに減るかと思いきや、なかなか痩せない…