新型コロナウイルスの蔓延で健康に関する意識が上昇中!

February 05, 2021

新型コロナウイルスが世界的に広まり、健康に関する意識が高まっています。

 

多くの企業でテレワークを実施し、在宅で仕事をすることがあたりまえになりつつあります。どうせなら、快適な環境で健康的に作業したいですよね。

 

ここでは、健康を意識したデスクの選び方についてご紹介していきます。デスクを選ぶポイントは「効率向上」と「疲労軽減」。長時間同じ姿勢で作業していると、疲労が蓄積してしまい、どうしても作業効率が下がってしまいます。

 

健康や用途をよく考えて、作業効率を上げるために最適なデスクを選びましょう。

 

まずは用途を考えよう!

 

デスクを選びたいと思ったら、どういう風に使用したいのか考えてみましょう。

 

長時間ずっと同じ姿勢で座ったまま作業していると、肩がこったりして健康に良くないですよね。そんな時はスタンディングデスクがおすすめ。可動式なので座ったままだけでなく立っても作業できるので、身体がこり固まることがありません。

 

今使用しているデスクをスタンディングデスクに変えたい場合は、卓上のスタンディングデスクがおすすめです。卓上スタンディングデスクを今使用しているデスクに置くだけで、立っても作業できるデスクに早変わり。

 

さらに、作業しながら有酸素運動がしたいという時は、デスクバイクがおすすめです。

 

高さ調整自由自在、立ったり座ったり姿勢に合わせて高さを自由に移動できるデスク「電動式スタンディングデスク」は、ワンタッチで簡単に自動昇降します。昇降時に障害物があると、センサーが検知して自動的に元の位置に戻るのでとても安全です。USB充電ポートも装備されているため給電までできます。

 

おすすめの商品はこちら→電動式スタンディングデスクEG8

 

手持ちのデスクがスタンディングデスクに早変わり「卓上スタンディングデスク」

 

今使用している手持ちのデスクが、無段階に高さを調整できるスタンディングデスクに変身。それが卓上スタンディングデスクです。

 

作業スペースが広いので、ディスプレイ、ノートパソコン、書類などをおくのに十分なスペースを確保できます。

 

おすすめの商品はこちら→卓上スタンディングデスク M17B/M17MB(S/Mサイズ)

 

作業をしながら有酸素運動もできてしまうすぐれもの「デスクバイク」

 

調整可能なデスクとエクササイズバイクを組み合わせた、エクササイズできる「デスクバイク」。サイクリングしながらデスクワークができるので血行が良くなり、筋肉のこりを和らげてくれます。ペダルをこぐ音も静かなので、作業に集中することができます。負荷は8段階に調整できるので、軽めの運動から激しい運動も可能です。

 

おすすめの商品はこちら→デスクバイク V9

 

デスク選びには、健康に配慮されているかどうかもポイント

 

デスクは、座って使用するものだという思い込みがあるのではないでしょうか。長時間使用する場合、姿勢が固定されるので、途中でストレッチなど挟まないと、体がこり固まってしまいがちです。

 

座りっぱなしの仕事は、健康のリスクが高まるという研究結果もあります。座る姿勢を長時間維持し続けることは、死亡リスクにつながるということです。

 

そこで、座る姿勢を長時間維持し続けることの改善案として注目を集めたのが、スタンディングデスクです。

 

スタンディングデスクを使用すると、座る姿勢だけでなく立った姿勢でも作業ができるようになっています。立つことによって、脳の働きが活性化して、生産性が向上したという研究結果もあります。

 

ただし、逆に長時間立った姿勢で作業していると、足腰に痛みを覚えるケースもあります。なので、仕事内容に応じて、立ったり座ったりして作業することが最適です。

 

長時間同じ姿勢で作業していて、肩や腰がこる、集中力が低下するなど、健康に気になる人はスタンディングデスクも検討してみてはいかがでしょうか。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。