在宅勤務ホームオフィスの構築に留意すべき5つのヒント

September 28, 2020

自宅は休息を得るための聖域です。 長い一日を外の世界で過ごした終わりに、休憩したり、友人を招待してコーヒーやスナックを楽しんだりもする場所なのです。しかしパンデミックがやって来て、世の中はがらりと変わりました今では、自宅仕事場でもあるのですそこは人々が休息する場であると同時に神経をすり減らす苦難の場でもあるのです。

在宅勤務には役得があります。 しかし、それはまた、同じ場所を仕事の場所と休息の場所の両方に合わせて調整しなければならないなどいくつかの欠点もありますこのような仕事と家庭生活の重なり合う世界は、特に床面積が限られている場合、少々の混乱を招く恐れがあります。同居人がいる場合も気を散らす原因です。

あの打ちのめされた気分

何れにしても、ただ「家座っている」だけでも常に疲れるのは何故なのか、不思議に思うかもしれません。 最早、通勤時間もないのです 斯様な感覚に至るのは、ここ、フォーブス記事によれば、典型的な例であるとのことです。 より集中した生活を送りながら、一方では状況をコントロールできないだけでなく、1日にいくつもの役割を操らなければければならないことには、気持ちが負けてしまうこともあり得ます

しかし、この記事はまた、自分の環境--少なくとも自分でで使うものは自身でコントロールする必要があると指摘しています。この一例としては仕事環境の破壊要因--つまり雑用とか家事とかに捉われることにないワークスペースとすることです。

平日を引き継ぐ

物事を実施するのに専用のスペースがあると、集中して一日を過ごすのに役立ちます。こうしてうまく働けるようにするためのいくつかのヒントを以下に紹介します。

1適切なスペースを選択すること-- 家を見回してください。 家の中の何処が最も静かでしょうか それはガレージまたはクローゼットかも知れません そこをワークステーションにするには、調整が必要になる場合があります。 ワークステーションは、ラウンジや生活領域などの居住者集まる共用エリアに設置しないようにしましょう

2すべてを整理しておくこと –- Inc.の記事、散らかった机は天才であることの表れであるとされています。 そして、机を整理すると集中を増すのにより適しているという長年の考えあります。 どちらの側に立つかの選択は自由ですが、整理された状態を維持することには役得があります。たとえば、ケーブルやワイヤーが乱雑にぶら下がっている、事故が起こりやすくなったり、器具のプラグを間違っていたりする可能性が高くなります。 テーブルが乱雑だと、ファイルやドキュメントを検索するのに時間がかかる場合があります。整理整頓に最善の策は、棚や引き出しを設置し収納オプションを増やすことです。

3適切な家具を入手すること – 未だ頭上にウイルスが迫ってい不確かな時代です。 ですから、働いていても健康を維持することに価値があるのです。人間工学に基づいた家具は、正しい位置に立ったりったりするようにして体型を整えるのに役立ちます。 すでに既存のデスクがある場合は、それを捨ててまで入れ替える必要はありません。

スタンディングデスクコンバーター を購入すれば、古いデスクを引き続き使用できるようになります。それではスペースが足りるか心配ですか このモニタースタンドまたはこのシックなデスクライザーを試すことができます。 それらはそれらの小さなスペースのワークステーションに最適です。

4ワークステーションを照らし出すこと -- ワークステーションを窓の近くに置くと、素晴らしい景色と1日分のビタミンD投与を得ることができます。このビタミンは、今日のMedical News Todayよれば、インフルエンザウイルスから防御します 疾病予防管理センター  は、インフルエンザウイルスとCOVID-19の原因ウイルスの両方がこの秋と冬に蔓延する可能性が高いと述べています

これが不可能な場合は、ものをはっきりと見るに十分な周辺証明作業証明を確保しましょう Small Business Trendsのこの記事  によると、標準以下の照明は眼精疲労の原因になりますこの状況を修正するには、オーバーヘッドLED電球と卓上ランプを取り付けて、ワークスペースを照らします。

5スペースをパーソナライズする-- ホームオフィスに遊びの要素を追加することを忘れないでください! ワークスペースをパーソナライズすると、仕事をしながら楽しむこともできます。 スペースが狭い場合でも、小物を置くことができるフローティング棚を取り付け、面積を最大化できます。 家のデザインに合う家具を選びましょう

仕事と家事均衡

昨今落ち着いた状態を維持するのは困難な業になっています。 平静と生産性の維持を可能とすべく、一日一日を着実に過ごすことを忘れないでください。 構築したホームオフィスを、今日の課題に適応する方法を学んだことの証としましょう。

当社の製品を取り上げた記事、小説レビュー募集しています テーマとして、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務のセットアップを作成する方法に関するヒントも含めてください 当社との提携に興味があれば contact@flexispot.jpにメールしてください。