在宅勤務中の健康を維持するための方法とは

July 02, 2021


何をしているにせよ、健康はあなたにとっての最優先事項でなければなりません。病気になってしまったら、一体どう働けるというのでしょう?ジムの会員権や瞑想、ピラティスのクラスへの参加などが会社から特典として与えられていなくても、健康を優先することは後回しにしてはいけないのです。健康に留意した上で、定期的に休憩を取り、自分のケアをすることもさらに大切です自分の活力が安定していることを確認するためにさらなる予防をしましょう。快適な座り心地で身体を支える椅子とちょうど目の高さに来るコンピューターモニターを使えば、生産性も向上します。ここからご紹介する8つの簡単な方法で、一日の終わりに疲れ果て燃え尽き症候群になることなく、仕事以外の生活を楽しむのに十分な活力を維持することができます。
ひんぱんに休憩を取りましょう


1時間ごとに5分間デスクから離れて休憩を取ると、体重を減らす効果があります!60分から90分作業した後で、続けて正常に働くことができる人などほとんどいないのです。定期的に休憩を取ることがとても大切です。キッチンまで歩く、ストレッチをするなど、5分間休憩を取ることで生産性が大幅に向上します。


お茶を飲むことやお昼休みを取ることを忘れてはいけません。疲れている時はミスをする可能性が高くなります。そんな危険を冒す価値はありますか?あなたの知性と身体のケアをしましょう。知性と身体はそんなあなたに応えてくれます。

座りながらできるエクササイズをしましょう
ストレッチをもっと目立たないようにやりたいという場合は、デスクに向かったままでできる以下のストレッチを試してみてください。

-椅子に座ったまま脚をまっすぐ持ち上げて腹筋を伸ばします。これを5回から10回ほど繰り返すだけでコアマッスルが鍛えられ、正しい姿勢で座ることが簡単になります。
-身体を大きく抱きしめるようにして、背中を伸ばしましょう。その際、右手を左肩に、左手を右肩に置いて自分をしっかり抱きしめる体勢をとります。

-椅子に座った状態で上を見上げ、息を吸って立ち上がり、腕を頭の上に伸ばします。指と手を天井に向けてあげてそのまま止めます。ゆっくり息を吐き、また息を吐き、息を吐き、息を吐き、息を吐いて行きます。

長時間座りつづけないようにしましょう

人間工学に基づいて作られた家具や機器は、立つ、座るという姿勢を交互に行うのに向いています。腰痛を和らげる方法のひとつが、一日の何時間かを立った姿勢で仕事ができるスタンディングデスクを使うことです。あなたの背中の痛みを簡単に素早く癒してくれます。

定期的に運動することが難しい場合、以下のストレス解消法を試してみてください。

-あなたのデスクがある区画の周りを歩く、またはメールを出そうとしていた同僚の席まで歩いて行くのもいいですね。対面で話をすることで確実に、より良い結果を早く手に入れることもできます。またはシンプルに、席から立って電話をかけるだけでもいいでしょう。
-手を使わずに立ち上がったり、座ったりをくり返しましょう。
-右手を椅子の左側に置き、胴体をひねりながら息を吐きます。反対側にも同じストレッチをくり返しましょう。

背中のストレッチをしましょう
バックストレッチとは、背中に施すストレッチです。脚に脱力感やうずくような感覚がある場合は身体が警告を発しているということです。それを無視してはいけません!


同じ姿勢で長い時間過ごしていると、以前抱えていた背中の不調が悪化して腰に不快感を覚える可能性があります。背中の問題を改善するために、腰、骨盤、腹筋を鍛えて強くしましょう。

忘れず食事休憩を取りましょう


食事休憩はくつろぎながらその後の仕事の見通しを立てたり、あなたの脳と身体に栄養を与える時間です。健康的な休憩時間を取ることで、食べるものを適切に消化し、より多くの栄養を摂取することができるのです。


十分なビタミンとミネラルが含まれている食事を摂るようにしましょう。今日はあなたの軽食ボックスに入っている栄養価の高いスナックバーなんてどうでしょうか?

食べものは優れたエネルギーの源です。自分自身を適切に充電することで、活力を取り戻して仕事に戻ることができるのです。

計画を立てましょう

可能であれば、毎朝仕事を始める前に10分から20分時間を取って、その日の計画を立てましょう。そうすれば、1日中集中力を維持してたくさんの仕事を行なえるだけでなく、快適に様々な業務を終えることでより多くの満足感を感じることができます。またよりリラックスした状態で指揮をとることができるのです。


もちろん、予定通りに1日の業務が進むということはめったにありません。けれど、スケジュールに柔軟性を持たせることで定期的に休憩時間をはさむことができるようになります。私たちのほとんど、特にフリーランスで働く人や在宅勤務者が抱える問題のひとつは、一生懸命に働きすぎることで疲れ果て、燃え尽き症候群になったり、良い意志決定ができなくなることなのです。
目を休めましょう


放射線に長く目をさらす状況からあなたの目を保護するために、以下の目の運動を行ってください。
眼球を回すことは首を回すことと同様に目の緊張をほぐしてくれます!一日を通して定期的に目のマッサージをしましょう。これは目の筋肉を緩めるだけでなく、目を円滑に動かせるようになり、ドライアイからも守ってくれます。


コンピューター画面の前で作業している時、私たちの多くはまばたきするのを忘れがちです。目を乾燥させないためには4秒ごとに1回のまばたきをするように心がけてください。目が引きつって痛い時は手のひらをあてることをお勧めします。まず手のひらが温かくなるまでこすり合わせてカップの形にします。そして片方の手のひらを両目の上にかぶせて置いて、数分間目を閉じます。手のひらの温かさと暗さを感じてください。こうしても一時的な効果しかない場合は代わりに次の方法を試してみてください。コンピューターから離れ、遠くにある物を見ます。画面に目を戻す前に少なくとも60秒間遠くを見たままでいましょう。目の筋肉が完全にリラックスするのを感じてください。

最後に

週5日、1日8時間コンピューターの前に座って過ごすことで身体には負担がかかります。今日ご提案したことがあなたの健康を維持し仕事でも健全に過ごすためのヒントになれば嬉しいです。

職場で健康で過ごすために最も大切なことは、あなたが自己認識を持つことです。あなたが誰であるか、あなたの限界がどこにあるかを知ることで自分の状態を確認しながらその中に留まるための最大限の努力をしましょう。職場や家庭でできる様々なトレーニングをしましょう。そうすることで身体的にも精神的にも健康で過ごせるのです。


同様の記事やその他の仕事関連のテーマについてはFlexiSpotの「FlexiWellness Center」をご参照ください。FlexiSpotはテスクバイクV9やその他のオフィス機材のように、人間工学に基づいた製品をとりそろえています!