コロナ禍の生活に慣れた体に異変?運動不足が引き起こすリスクとは?

コロナ禍によって自粛生活が長引き、生活のリズムや体調が崩れたという方は多いのではないでしょうか。

 

外出自粛による運動量低下や、座りっぱなしのテレワークを原因とした筋量低下などが、知らないうちに体に悪影響を及ぼしているかもしれません。

 

ここでは、運動不足が体にもたらすリスクについて解説します。すぐにできる運動不足解消方法もご紹介しているので、いわゆるコロナ太りが気になる方も、ぜひ参考にしてください。

 

『コロナ禍で運動不足に陥ったと感じる人が急増!』

 

新型コロナウイルスの流行下では、多くの人が通勤・通学・行楽といった日常的な外出を控えてきました。

 

これまで当たり前だった行動が制限されたことで、運動不足やストレス増大は深刻になっているようです。ここでは、コロナ禍が引き起こした生活の中の変化について現状をお伝えします。

 

  • 運動不足を実感している人は4割!

 

厚生労働省社会・援護局が実施した調査によりますと、新型コロナウイルスが流行る前と比べて、運動量が減ったと答えた人は全体の実に4割に達していることがわかりました。

 

この結果については、通勤・通学の自粛による運動量の低下以外にも、ジムや習い事を通じて習慣的に運動を行っていた人がそれをできなくなったことなどが原因として挙げられるでしょう。

 

また、外出してはいけないという意識が積極的な活動を抑制し、自宅でじっとしている時間が増えたことなども影響しているものと考えられます。

 

  • 運動不足傾向の増加に比例してゲーム時間が増加

 

コロナ禍が一般の人々に深刻な運動不足をもたらしている現状は先述した通りですが、同じ調査では、別の質問の結果からも心配な数字が報告されています。

 

運動量が低下したと答えた人が4割程度だったのに対し、

新型コロナウイルスの蔓延で健康に関する意識が上昇中!

新型コロナウイルスが世界的に広まり、健康に関する意識が高まっています。

 

多くの企業でテレワークを実施し、在宅で仕事をすることがあたりまえになりつつあります。どうせなら、快適な環境で健康的に作業したいですよね。

 

ここでは、健康を意識したデスクの選び方についてご紹介していきます。デスクを選ぶポイントは「効率向上」と「疲労軽減」。長時間同じ姿勢で作業していると、疲労が蓄積してしまい、どうしても作業効率が下がってしまいます。

 

健康や用途をよく考えて、作業効率を上げるために最適なデスクを選びましょう。

 

まずは用途を考えよう!

 

デスクを選びたいと思ったら、どういう風に使用したいのか考えてみましょう。

 

長時間ずっと同じ姿勢で座ったまま作業していると、肩がこったりして健康に良くないですよね。そんな時はスタンディングデスクがおすすめ。可動式なので座ったままだけでなく立っても作業できるので、身体がこり固まることがありません。

 

今使用しているデスクをスタンディングデスクに変えたい場合は、卓上のスタンディングデスクがおすすめです。卓上スタンディングデスクを今使用しているデスクに置くだけで、立っても作業できるデスクに早変わり。

 

さらに、作業しながら有酸素運動がしたいという時は、デスクバイクがおすすめです。

 

高さ調整自由自在、立ったり座ったり姿勢に合わせて高さを自由に移動できるデスク「電動式スタンディングデスク」は、ワンタッチで簡単に自動昇降します。昇降時に障害物があると、センサーが検知して自動的に元の位置に戻るのでとても安全です。USB充電ポートも装備されているため給電までできます。

 

おすすめの商品はこちら→電動式スタンディングデスクEG8

在宅勤務を寝室で働くについて留意すべきこと

朝目覚まし時計が鳴ります。すぐにはベッドから出られません。とりあえずは、ノートパソコンを持ち込み、横になったままベッドで仕事を開始。これは、在宅勤務を強いられる人々にはおなじみの話です。ウォールストリートジャーナルの記事によると、カリフォルニア州はサニーベールのモバイルセキュリティソフトウェア会社、「Good Technology」が今年1000人の労働者に実施した調査によれば、労働者の半数は、電子メールをベッドで読んだり返信したりしているとしています。

 

しかし、ここがポイントです。ぬいぐるみを傍らにして、心地よいベッドで仕事をするのは、必ずしも最高のアイデアとは限りません。以下にその理由です。

 

寝起きの悪さ

ベッドにいれば、一日中だらしなく過ごすことになります。国立睡眠財団の環境学者である睡眠専門家のナタリードービビッチは、ハフィントンポストに書いていますが、朝起きては、日光を浴びて、一日の始まりであることを体に伝える必要があります。さもなければ、睡眠慣性に屈する可能性があり、それは1日を通して、仕事の生産性と気分転換をを妨るものです。

 

体の痛み

ベッドは仕事用ではないので、しばらくすると身体の痛みに悩まされることになる可能性があります。ノートパソコンのファイルを読むのに体をよじったり突っ張ったりで生じる体のゆがみ-首や背中が激しく痛む原因となります。

 

睡眠パターンの悪さ

好ましくは、睡眠環境 は寝室が睡眠と休息に関連付けられるべきです。しかし、そこで定期的に仕事をし始めると、脳は寝室の設定を仕事に結びつけて記憶します。これは寝室での睡眠パターンが変ることを意味します。夜は寝室でリラックスしたくても、脳が作業モードからスリープモードに切り替えるのが難しくする場合があります。

 

ソリューション

問題を解決する最も明白な方法は、単にベッドで作業しないことです。しかし、何らかの理由で必要になっ

リモートワークで燃え尽き症候群を防ぐための3つのアドバイス

2020年は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のパンデミックの影響で、多くの人々がオフィスワークからリモートワークへ移行している。しかし在宅勤務は仕事とプライベートの区別が曖昧になりやすく、苦心している人も多い。オフィス疲れは、実際の職場でも良く見られる症状で、世界保健機関によって職業現象として認められているほどである。

 

バーンアウト(燃え尽き症候群)の症状としては、生産性やエネルギー、モチベーションの低下、疲労感、ミスの増加、いらつき、片頭痛、フラストレーションがある。リモートワークでは、初期症状に対応できる専門家がいないため、このような不安定な時期には、ほとんどの人がバーンアウトに陥るリスクが高い。

 

リモートワークで燃え尽き症候群を防ぐためのアドバイス

 

1. 気分転換のため着替えよう

 

見た目が良いと気分が良いというのは本当だ。2012年の研究では、服が気分や生産性に影響を与えることが判明している。また、サイエンティフィック・アメリカンは、素敵な服を着ることで、実際に生物的効果があり、仕事のパフォーマンスに効果があることを示唆している。バーンアウトを防ぐためのもう一つのアドバイスは、着心地の良い服を着用することである。着心地の良い服は、特に家で過ごす時間が多くなった今、生産性を高めることができる。普段着を試したり、オンラインショッピングで最新のファッションをチェックし、たまには自分へプレゼントしてはどうだろうか。一生懸命働いたのだから当然である。

 

2. 家に専用の仕事スペースを確保する

 

リモートワークでも仕事のストレスはたまる。しかし人間工学に基づいた家具のある仕事スペースを持つことは、日課に素晴らしい変化をもたらすことができるだろう。モニタースタンド、CPUホルダー、デュアルモニターアーム(業務に必要であれば)、高さが調整可能なデスク、そして換気の良い空間で人間工学に基づいた自宅オフィスを作ってみてはどうだろか。整頓された仕事スペースを確保することで、会社員であるこ

米国のコロナウィルスについて知っておくべきこと

2020年2月26日の米国疾病予防管理センター(CDC)からの発表によると、コロナウィルスの新しい症例がカリフォルニア州で確認されたとされ、それは「この関連性が伺われる旅行体験や、COVID-19患者と判明している他の者との接触はなかったと言われる人物」に於いての事例であるとのことです。

 

このケースは、感染源が不明ですが、ウィルスが大きな危険をもたらすような場所への旅行歴もなく、その感染源が不明のまま、このウィルスに感染することの一例を示すものかも知れません。

 

米国でこのウィルスに感染した人の数は、15人に増加しています。これらのケースは、徹底的な監視を通じて検出されまたものです。また、中国から米国に入国したアメリカ人の間で47件の症例が記録されています。

 

ドナルド・トランプ大統領は後に、これは以前から既に「重篤患者」とされていた50歳過ぎの女性についての話であるとして、更に4人のコロナウィルス感染患者が重体であると述べていました。

 

WHOは、このウィルスが噴出して以来、COVID-19の症例が中国よりも中国国外で報告されたのは初めてだと述べています。最初の症例研究対象者は、ダイヤモンドプリンセスクルーズ乗船中に感染、現在ネブラスカ大学医療センター(UNMC)で治療を受けているアメリカ人です。

 

CDCの国立予防接種呼吸器疾患センターの所長ナンシー・メソニエ博士は、米国で行われた、あるニュースブリーフィングにおいて、このウィルスは驚くべき速さで世界的に拡散したという報告からして、これが高い確率で地域感染に至る可能性が存在すると述べたものです。

 

CDCは、行うべく必要な物事に対し、人々が注意を払うことによって、それが暴露や感染のリスクを軽減するための抜本的な措置となると提案しています。また、学校は地域感染による教育機会の滅失を技術の活用によって補うことができます。 また、社会的または大規模な集会を中止するのも賢明な措置です。

 

CDCによると、2020年2月26日現在、すでに60例のコロナウィルスが確認されていますが、

オフィスでコロナウイルスを防ぐためのすすめの5つのアイテムとそのコツ

概要:コロナウイルスによって発病する様々な病気を予防するには、清潔な衛生状態を保つことが全てです。今回は、職場でコロナウイルスから体を守り、しっかりと健康管理をするためのコツとそのためのアイテムをご紹介いたします。

 

厳しい隔離政策にもかかわらず、コロナウイルスは、中国、ヨーロッパなど世界のあらゆる地域で広がり続けています。幸いなことに、世界保健機関(WHO)からは、発症した人の80%が軽度であり、死亡者は2%未満とのことだという結果が発表されています。ただし、WHOは、国の省庁や地域の保健センターの指示に従うように行動することが大事だとしています。みなさんのお住いの地域の現在の感染拡大状況に応じて異なるので、地域ごとの指示に従ってください。

 

適切な予防措置を取ること

 

米国をはじめ、その他現在感染者の少ない国でも、感染者の人数が着実に増加しています。こういったコロナウイルスのニュースを聞いて、自身の健康に少し不安を感じている方も多くいるかもしれません。現時点では、ウイルスの発生地域に住んでいない場合、感染するリスクは非常に低いので安心してください。なによりも自宅とオフィスの両方で清潔な環境を維持することが一番効果的です。そうすることで、コロナウイルスや他の風邪やインフルエンザになるリスクを最小限に抑えることができます。

 

オフィスを清潔に保つ5つの製品

 

それでは職場の衛生状態を清潔に保つおすすめの5製品をご紹介したいと思います。ウイルスによる病気を防ぐためには、ウイルスと接触する可能性を最小限にすることが大変効果的です。

 

1.ハンドソープ  手を洗うことで、あらゆる種類のウイルスまたは細菌の広がりを防ぐことができる何よりも効果的な方法です。(医療施設で働いている方の場合を除き)普通石鹸でしっかりと手を洗ってください。20秒以上泡立てて洗うのがコツです。食事の前後、公共の場所から戻った場合には手を洗ってください。

適切な栄養摂取によりカルシウム不足を避けるには

私たちの健康は、生涯にわたり強い骨や脊椎に依存しています。しかし、骨の健康は様々な要因に影響を受けやすいものです。