首と背中の痛みを防ぐための5つのヒント

August 06, 2021

筋肉痛や関節の痛みを抱えながら働くのは不便です。仕事に集中する代わりに、あなたは自分の痛みに気を取られてしまいます。

 

その設定において非生産的であるほど、そうなる可能性は高くなります。この投稿ではこれらの耐え難い痛みとは何か、そしてそれらを回避する方法について説明します。

 

単純な痛みは重傷につながる可能性があります

 

手根管症候群、肘腱炎、腱板断裂、および首や背中の緊張は仕事における負傷の例です。筋骨格系障害(MSD)は従業員の身体能力が仕事の身体的ニーズと一致しない場合に発生します。

 

それらの原因は何ですか?

 

繰り返しの行動、不適切な配置、激しい動き、不十分な身体の力学、および静止した姿勢での長時間の持続はすべてこれらの怪我の一般的な原因となります。首と背中の緊張は最も制限的なタイプの雇用傷害です。

 

それらは仕事上での時間の損失、医療費の増加、および雇用者の費用の増加をもたらす可能性があります。姿勢認識の改善、ワークステーションの再設計、人間工学的に適切な機器、ワークフローの調整、休憩、予防運動はすべてMSDの予防に役立ちます。

 

人間工学とその重要性

 

人間工学は人と物の間の効率と相互作用を最大化するために人々が使用する製品の安全で正しい設計と配置に関係しています。

 

これらのソリューションには専用ツール、柔軟なワークスペース、安全な仕事環境、および効率的なプロセスが含まれています。

 

キーボード、マウス、ディスプレイ、筆記具など職場における人間工学的に設計された製品は従業員が反復運動過多損傷や姿勢の緊張を軽減するのに役立ちます。

 

ワークステーションまたは仕事環境は机、椅子、キーボードトレイ、モニタースタンド、およびスタンディングデスクコンバーターで構成されています。人間工学に基づいたワークステーションは負担を軽減し、生体力学的効率を向上させ、生産性を向上させます。

 

これはFlexiSpotのような企業が注力してきたことです。製品はオフィスや自宅で働く人の人間工学的ニーズに応えます。様々なスタンディングデスク、デスクコンバーター、人間工学に基づいたオフィスチェア、さらには人間工学に基づいたアクセサリなどがあります。

 

今すぐにでもウェブサイトでそれらを見つけることができます。www.flexispot.comにアクセスして、様々な人間工学に基づいた機器を見てみてください。

 

人間工学の重要性を単に知るだけでは終わりません。また背中や首の痛みを軽減できるように、ライフスタイルにいくつかの変更を加える必要があります。日常生活で適用できるようにするため、これが私たちがあなたに差し上げるヒントです。

 

あなたができる5つの簡単なこと

 

多くの企業では従業員の快適さと生産性を向上させるため、広範な人間工学プログラムを実施していますが、首や背中の痛みを避けるために職場でできる簡単なことが5つあります。

 

1.ワークフローを変更します

 

ジョブタスクまたはプロジェクトを完了するために必要な一連のオペレーションはワークフローと呼ばれています。一部の仕事では従業員に悪い姿勢で働くこと、またはシフト全体に渡って同じ動きを繰り返すことを要求しています。これらの仕事や活動に従事する従業員は特に首や背中の問題で怪我をするリスクがあります。

 

特定のジョブには変更が難しいような決まったワークフローがありますが、ほとんどのタスクには怪我のリスクを軽減するために変更できるコンポーネントが含まれています。

 

1日のほとんどを座って過ごす場合、シフト中時折立ってみてください。可能であれば、繰り返す行動を最小限に抑えるか、様々な動きを必要とする他の活動と組み合わせてみてください。

 

曲げることや重い物を持ち上げるのを制限しますが、それが不可能な場合、これらの運動を適切な体の部分を使って行うようにしてください。

 

持ち上げる時、腰と膝を曲げて体を物体に近づけます。適度にまっすぐな背骨を維持し、足で持ち上げる力を作ります。腰の筋肉は重い物を持ち上げるためではなく、主に直立状態に保つことを目的としています。

 

2.休憩して散歩に出かけましょう

 

仕事で休憩を取ることは首や背中の痛みを避けるための最も効果的な方法の1つです。私たちの多くはプロジェクトに従事し、役割を切り替えるのを忘れてしまいます。あなたは数時間あなたのコンピュータに座り、そして動いていないことに気づいたことがありますか?

 

一日を通して、休憩を取って姿勢や散歩道を変える必要があります。タイマーやアプリを利用して、定期的に休憩を取るように心がけましょう。

 

従来の30分から60分の休憩間隔がありますが、ポモドーロテクニックのようなシステムを活用することもできます。ポモドーロテクニックとは時間を25分のブロックに分割し、4つのブロックを完了させると20分の休憩を取ることができるというものです。

 

これらの長い休憩は散歩に行くのに理想的と言えます。これによって、筋肉への血流が増加すると同時に姿勢の緊張が緩和されます。散歩は関節の柔軟性を高め、体幹のコアの活性化を促進します。

 

散歩は心臓血管の健康を促進し、ストレスレベルを下げます。多くの人によると、歩くことは情報に焦点を合わせて処理する能力を手助けします。散歩は研究の創造性を高めることが示されています。休憩して散歩に出かけ、仕事のパフォーマンスを向上させましょう。

 

3.位置と姿勢を改善する必要があります

 

椅子に座る時、椅子の背もたれが腰と背中の中央を適切に支えていることを確認してください。あごを入れ、肩を後ろに向け、胸を立てた状態で座ります。

 

足を床に平らに置き、腰と膝を約90度に曲げます。肘は椅子の腕の上に置き、腕はあなた側で自然に揺れることができる必要があります。

 

首において頭が前かがみになる位置や腰の「ハンモック効果」を避けるため、前かがみにならないようにしてください。前かがみを避けるため、必要に応じて腰部サポートまたは小さな枕を使用して腰の小さな部分を埋めてください。

 

4.予防運動を行う

 

ストレッチや関節可動域の運動は仕事中の筋肉の緊張や痛みを避けるための優れた方法と言えます。ストレッチ運動は筋肉が通常の長さを取り戻し、血流を促進するのに役立ちます。静止した位置に長時間留っていると、筋肉が緊張する可能性があります。

 

ストレッチ運動は筋肉の緊張を和らげ、筋肉への血流を増やすことで、このサイクルを防ぐのに役立ちます。血流が増加するにつれて、より多くの酸素が組織に到達し、けいれんや筋肉の保護を防ぎます。

 

一度に45分を超えて1つの位置に留まらないようにしてください。椅子から出て動き回ってください。日中に15〜30分の休憩を取って運動します。血流を促進するにはジャンプジャック、腕立て伏せ、または腹筋運動を試してみてください。 

 

自宅や職場でできる様々な基本的なトレーニングでコアを強化し、腰と背骨をサポートすることができます。

 

30秒間の「マイクロブレイク」を行って、座った状態で起き上がるか、背中を数回アーチ状に曲げて姿勢を調整するだけでも、ストレスを和らげることができます。毎日数時間立った状態で働くこともあなたの健康にとって有益となります。

 

5.人間工学的に正しいワークステーションとツールを選択する

 

人間工学に基づいたワークステーションは怪我のリスクを減らし、生産性を高めることができます。椅子と机はオフィスワークステーションの最も基本的なコンポーネントです。

 

最も基本的なものから最も洗練されたものまで何千もの椅子があります。首と背中の不快感は適切な椅子で軽減または解消できます。椅子はサポートしてくれ、また順応性のあるものでなければなりません。

 

デスクはワークステーションの中心であり、仕事の大部分が完了する場所です。近年ますます人気が高まっているスタンディングデスクは固定式、手動調整式、電気調整式などがあります。

 

身長に合わせてスタンディングデスクを設置することで座っていても立っていても仕事をすることが可能です。

 

FlexiSpotのモディッシュスタンディングデスクやデスクコンバーター、モニターマウント、デスクバイクなどの人間工学に基づいた機器を見つけてください。あなたに最適な製品をチェックしてください。今すぐアクセスしましょう!

 

結論

 

あなたがほとんどの人と同じであるならば、あなたは間違いなく一日のかなりの部分を机で過ごしていることでしょう。座りがちな生活のため、あなたは不適切な姿勢で時間を過ごしている可能性が高く、それは痛みや不快感を引き起こす可能性があります。

 

私たちが仕事中に直面する可能性のある最も頻繁な病気の2つは首と背中の痛みです。それらは生産性の低下、仕事上の時間の損失、および費用のかかる治療をもたらす可能性があります。

 

また体を守るための基本的な予防策を講じることもできます。この記事の推奨事項に従うと、一日の終わりに不快感が減り、柔軟性が増し、エネルギーが増えるはずです。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。