背筋がピン~!っと伸びて姿勢が良くなる

スタンディングディスク。が昇降機能付き撮影台に大変身?

Loctek 座位・立位両用スタンディングデスク

記事の後半は、昇降機能付き撮影台に変身しますのでお楽しみに!近年オフィスワークの時間がますます増えています。朝から晩まで、座りっぱなしです。猫背になって、肘をついてダラダラ作業しています。この記事を読んでいる経営者のあなた。従業員の8割は、背骨が圧し曲がっていることに気が付くでしょう。

人体工学に基づき姿勢を正すオフィステーブルがあります。スタンディングディスクです。半ば拷問的でもありますが、強制に背筋がピンとします。

もしあなたの会社の従業員が、だらしのない姿勢で長時間だらだら勤務をしていたら、このスタンディングディスクを設置してあげましょう。従来の机の上に、有無を言わさず設定できます。強烈~。

LoctekスタンディングディスクをAmazonでチェックする

立ち上がって正面上方を見ながら、小さく前へならえしてください。背筋が伸びて姿勢が良くなっているはずです。この姿勢でしか利用できないスタンディングディスクにより、背筋がピン~!っと伸びて姿勢が良くなります。

スタンディングディスクを強制的に利用するように言われる従業員の身になると震えが止まらない製品です。というのは冗談で座って使うこともできます。実際に商品を見てみましょう。

Loctek座位・立位両用スタンディングデスクをレビュー

Loctek座位・立位両用スタンディングデスクは、15kg~20kgぐらいあります。重厚です。ずっしりしています。

箱から出してすぐに使えます。

横のレバーを握ることで、机の高さを昇降できます。

40cmぐらい昇降します。

動きはスムーズで、しっかりと高さを固定できます。

横から見てみましょう。堅牢に作られています。

工業用品みたいな品質です。

キーボード用テーブルの金具を装着します。

ガチャッと、キーボード置きを装着しました。

実際にテーブル設置します。

幅が70cm近くあります。奥行も同じぐらい必要です。小さいデスクには載せられないでしょう。

モニターの位置が高く真っすぐか、少し上を見ながら作業するイメージです。

腕を置く場所がありません。肘をついて使うことが許されないのです。

実際に使ってみると、この図のように「まっすぐ」になります。こういう姿勢でしか利用できないのです。人体工学に基づく設計です。

組み立てマニュアルも完全に日本語です。組み立ても簡単です。

態度が悪く長時間ダラダラ勤している従業員へのプレゼントに最適です。実際に姿勢が良くなりますので、健康にはなるでしょう。

10万円ぐらいしそうな高機能な撮影台に大変身?

さすがに自宅で使うには、スタンディングディスクは酷です。ちょうど撮影台の新調を考えていました。もうボロボロです。自作の撮影台なので。。。

マンフットの撮影台220を購入しようかと、随分と悩みました。デカくて、価格が高いのです。10万円ぐらいします。大きい物も撮影できます。
A1ロール紙も準備します。Amazonで2本数千円です。安い。

紙をテーブルに広げます。

窓などに止めます。

昇降機能付きの耐荷重15kgの大型撮影台が完成しました。

テーブルを高くすれば、水平に撮影できます。

商品がぐっと正面に見えて素敵です。実際に撮影した画像です。

テーブルを下げれば、カバンなど大きな製品も撮影できます。

背景が大きく取れるので、小物から大型の物撮まで可能になるのです。すっばらしい!

耐荷重15kgと重たい物まで撮影でき、大型の商品から小型の商品まで、昇降機能を使いテーブルの高さを変えて撮影できる高機能な撮影テーブルとして生まれ変わりました。

元サイト:ガジェット通信

 

コメントを残す